地域資源の観光対象化

地域資源の観光対象化とは、地域固有の資源を明確に認識できる状態にすることであり、そのための情報および空間の整備や演出を行うことといえ、その手法を検討し、明らかにしていくことを目的としています。

地域資源の観光対象化は、まず地域内の様々な要素を資源として選出することから始まります。それを地域内で共有し、外部や来訪者とのつながりの中で観光の対象としていく過程が考えられます。その過程の中で、具体的にどのような手法がとられているのかを、具体の事例から把握・整理しています。

収集事例:大分県別府、鉄輪温泉、岩手県遠野

地域資源の観光対象化事例

また、従来の地域づくりとは異なり地域資源を外に伝達していくことは、地域ブランドの構築にも結び付いています。こうした観光対象資源-地域づくり-地域ブランドの関係を時系列で整理し、それらを結び付ける手法の検討も併せて行っています。

観光対象化と地域づくりプロセス案

伊藤 弘(筑波大学)