2019年度オーガナイズドセッション・論文募集!「地域主体型の観光コントロール」

下記日時、場所において、2019年日本建築学会大会(北陸)学術講演会オーガナイズドセッション(地域観光プランニング小委員会担当)を開催いたします。
詳細は、応募要項をご覧ください。ぜひ、奮ってご応募をお待ちしております。

開催日時2019 年 9 月 3 日(火)~6 日(金)
開催場所金沢工業大学扇が丘キャンパス(石川県野々市市扇が丘)
概要原稿提出期限2019年2月28日(木)17:00(厳守)
最終原稿提出期限2019年4月4日(木)12 時(厳守)(電子投稿のみ)
詳細・提出先応募要項

◯実施部門とテーマ

応募部門都市計画
テーマc.地域主体型の観光コントロール

一般的に、観光客は自らの意思で好みの時期に好みの場所を訪問することができる。したがって、あらゆる地域が「観光地」となり得る一方、観光需要という外的要因によって地域は様々な影響を受け得ると言える。
近年の大都市におけるオーバーツーリズムという現象や、観光需要の大幅な減少による地方観光地の衰退を踏まえると、観光による地域変容に対する行政や観光推進組織、市民の主体的取り組みが求められると言える。
本 OS では、これらに関する各地からの事例報告や理論の提示に関する論文投稿を期待する。